長久手情報:愛・地球博記念公園

お久しぶりです。ヒサマツです。
先日、家族みんなで「愛・地球博記念公園」(通称モリコロパーク)へ行ってきました。
この公園は、あの愛・地球博が開催された長久手会場跡地に開園した、自然豊かな公園です。
余談ですが、愛・地球博が開催されたのは調べてみると2005年、なんと16年前でした。時の流れは速いですね・・・。
公園内には多種多様な花が咲く花の広場や目を引く大観覧車、サイクリングコース、スケートリンク、サツキとメイの家など、設便が充実しており、とても一日では回り切れなさそうです。

園内は緑豊かで、ただのんびりと歩いているだけで癒されました。
色々と回ったのですが、特によかったのが大観覧車です。
大観覧車からは公園全体や名古屋の街並み、遠くの山並みまで見通すことができました。調べてみると、東海エリアでもトップレベルの大きさを誇るそうです。
料金は一人あたり600円と安くはないのですが、それでも乗る価値はあると思います。

子供たちが喜んでいたのが、サツキとメイの家です。
ガイドの方が説明してくれながら見学をしたのですが、細かいところまで作りこまれていて、映画の家がよく再現されていました。
私はジブリにあまり詳しくないのですが、どこか懐かしい雰囲気を感じてあっという間の時間でした。

モリコロパークは2022年にジブリパークに生まれ変わるそうで、園内でもところどころ工事が進んでいました。
完成したらまた遊びに行こうと思います。